ストーカーの被害に合っている方、ストーキングされて困っている方は恋愛トラップ無料悩み相談までご相談ください。悩み解決いたします。

ストーカーに困っているなら

別れさせ屋工作全般別れさせ工作前の事前診断別れさせ工作の相談方法と流れ別れさせ工作の期間・料金・お支払い方法別れさせ工作のQ&A・依頼例・体験談別れさせ工作の各種注意事項
ストーカー・つきまとい行為 対策 相談窓口
あなたの悩みは何ですか?
探偵業届出証明書

離活 恋愛探偵ミシマのブログ

ストーカー被害に合ってる悩みなら

■ ストーカー予防・対策・知識 と 別れさせ工作
『つきまとい行為』 と 『ストーカー行為』
「ストーカー」という言葉は今では知らない方はいないくらい広まった言葉ですが、実際に何をしたら、どこまでしたら「ストーカー」になるのかは知らない方の方が多いのではないでしょうか?後に項目でも述べますが、ストーキング行為・つきまとい行為は違法行為であり、罰せられるものですので、その基準が以下のように定められています。


「つきまとい行為」

     @つきまとい、待ち伏せ、住居等への押しかけ、見張り
     A行動を監視し、その行為を相手に告げる
     B面会、交際の要求
     C乱暴な言動
     D連続した無言電話やFAX
     E汚物、動物の死骸などの送付
     F名誉を傷付ける何かを その相手に告げる
     G性的な嫌がらせとなる話や、その文面・図画の送付        


「ストーカー行為」

上に挙げた@〜Gの行為を 同じ人物に対して繰り返して行うことが「ストーカー行為」です。


※@〜Cの場合、それらの行為が 相手に不安を覚えさせるような方法で繰り返された場合に限りストーカー行為となります。ここでの不安とは 

 ・身体の安全、住居などの平穏を害される
 ・名誉を害される
 ・行動の自由を害される
 ・またはそれらが著しく害されるかもしれないなどが挙げられます。

※E〜Gの場合、罪の意識の有無・方法等は関係なく、繰り返しただけでもストーカー行為に当たります。
ストーカー規正法だけでは不十分
いつ、どこで、誰が「ストーカー」をされてもおかしくはない昨今、その脅威にさらされ、悩み続けている方は、大変多くいらっしゃいます。平成12年に施行された「ストーカー規制法」により、その後減少の糸を辿るかと思われていたのですが、そう甘くはありませんでした。むしろそれに反してストーカーが凶悪化してきているのが現実です。皆さんマスコミなどを通じてご存知の通り、「ストーカー」がその行為では飽き足りず「殺人者」へと変貌していく事件も、ここ数年で急激に増加してきています。つまり 法律(ルール)が出来たから安心、法律が自分を守ってくれる、もうそんな時代ではないのかもしれません。世の中に無法者が増えすぎてしまったのです。うわべだけの改正では、もうどうにもならない そんな世の中になってしまったのでしょう。
ストーカーへの心構え
常識が通用しない時代 そこに生きている以上「自分の身を自分で守る為に、 
適切な対応を素早く考え、実行する」
 そんなことを心掛けておいた方が良い
のかもしれません。

「警察に届けるほどの事ではない」、「私から別れ話をしたから、仕方ない・・」
「そのうち、諦めるだろう」、などと決して甘くみないことが最重要です。
親しい人物がストーカーに・・・
半数以上のストーカーがこのケースに当てはまります。過去親しかった人物、
今でも親しくしている人物が、突如としてストーカーに急変するのです。
このようなストーカーは現実を認めようとはしません。あなたの言葉、態度を
全て都合のいい方向に考えます。この場合ストーカーに対しては、はっきりと
「NO」と言うことが大切です。
妄想タイプのストーカー
自分と相手は運命の糸で結ばれているなどと信じ込んでいるケースです。
このようなストーカーの多くは深刻な精神病に侵されている場合が多いです。
社会的にあまりなじんでいない、本当は他の人と深い関係になりたいと
願ってはいるが、それを恐れていて性的な関係には皆無に等しい、
そういう状況で彼らが出来る事は架空の物語を作り上げていくことなのです。
このような場合「NO」と言う言葉さえも都合の良い方向に取りますので、
ストーカーとは絶対にコンタクトを取らない事(無視する事)が大切になってきます。
復讐タイプのストーカー
このケースの場合、ストーカーは悪意に満ちていますので様々な方法での
嫌がらせが始まります。嫌がらせの発端は被害にあっている人の態度や
発した言葉にある場合もあります。ストーカーは自分こそが本当の被害者で
あると思い込んでいて、嫌がらせをすることで相手と同等になろうとしているのです。
この場合、あなた1人で何か対処をする事はかなりの危険を伴いますので、
取り敢えず第3者(警察・探偵社・身内・信頼のおける友人・知人)に相談して
みるのが良いでしょう。

ストーカー被害から逃げたいなら

ストーカーの被害に合っている方、ストーキングされて困っている方は恋愛トラップ無料悩み相談までご相談ください。悩み解決いたします。