旦那や奥さんと離婚したい方、離婚させてもらえない方は恋愛トラップまでご相談ください。離婚する方法をアドバイスいたします。

旦那と離婚するなら

別れさせ屋工作全般別れさせ工作前の事前診断別れさせ工作の相談方法と流れ別れさせ工作の期間・料金・お支払い方法別れさせ工作のQ&A・依頼例・体験談別れさせ工作の各種注意事項
離婚専門サイトトップ
離婚専門サイト 相談窓口
あなたの悩みは何ですか?
探偵業届出証明書 恋愛探偵ミシマのブログ

奥さんと離婚する方法

別れさせ屋トラップ
■ 離婚する方法を、基本知識の解説をしながらお伝えします
どうしても離婚したい方へ
どうしても離婚したい・・・と考える方は少なくありません。

理由は様々ですが離婚の原因のトップに君臨している 『性格の不一致』 

が巻き起こす要因が最も多いと考えられています。性格の不一致から少しずつ

日々の何気ない生活や相手の言動にストレスを感じていき、それまで許せていた

ことも、だんだん許せない行為に変わっていってしまいます。

次いで離婚の原因として多いのが不貞行為(浮気)や暴力なのですが、

元を辿ると結局は性格や価値観の不一致に行き着いたりすることは決して

珍しくありません。また人格に問題があるケースも少なくありません。

弊社では、夫婦生活に大きな不満や悩みがある方、夫や妻の浮気に

我慢できない方、不倫関係にはもう疲れた方、などの 『どうしても別れさせたい』 

『離婚したい』 という願いを現実に進行させていく工作、所謂 『別れさせ屋工作』 

を平常の業務としています。


お客様の個人情報は、完全に守られますので安心してお気軽にご相談下さい。

新しい人生のスタートを切るお手伝いを弊社一丸となって行って参ります。
離婚できない理由は何か?を整理する
離婚したいけど離婚できない・・・。そんなあなたには、何か理由があるはずです。
例を書き出します。

●新しく好きな人ができた。だけど・・・

  新しく好きな異性ができても、結婚している以上それを公にすることはなかなか
  出来るものではありません。そんなお付き合いを長く続けていると、多くの負担・
  ストレスも抱えてしまいます。しかしながら 『新しく好きな人が出来た・・・』を
  理由にして離婚話を切り出すことは大きな覚悟と勇気が必要になります。

  そんな葛藤の日々を送っているなかで、相手から離婚話を都合よくしてくれる
  わけもなく、夫婦生活と新生活・新恋愛の間に板ばさみになっている方は
  決して少なくありません。

  人生を変えていくために、少しの実行力が必要なときがございます。


●離婚したいけど、相手の暴力が怖くて・・・


  所謂DV(ドメスティックバイオレンス)のことですが、基本的には怖い怖いと
  言っていたらいつまで経っても現在の状況は変わりません。
  どこかで踏ん切りをつける必要があります。

  弊社の別れさせ屋工作を行って別れさせることが可能な理由です。


●離婚したいけど、当面のお金が心配・・・。 


  このような理由の場合、別れさせ屋工作は不向きなことがあります。
  ご自身でお仕事をお探しになることが最もベターな場合もあるのです。
  別れさせ屋工作自体が高額なサービスですので、慎重に検討しましょう。

  また、相手が不貞行為(浮気)を行っているのであれば、その証拠を掴み
  慰謝料を請求することはできますから、当面生活していくくらいのお金は
  用意できるかもしれません。ただそれは一時的なその場しのぎのお金と
  なってしまいます。
別れさせ屋工作に向けてのアドバイス
離婚したいのに離婚が出きない・・・。そこには少しの勇気や、実行力も必要に
なります。離婚には、それなりの理由や周囲からの納得も必要になってきます。

日本の離婚理由は、性格の不一致を除くと、『浮気(不貞行為)』 が最も多い
理由になります。そのような状況ですから、最もオーソドックスな工作手法も
異性の工作員を近づけるようなものになっています。

別れさせ屋工作を行う際には、トータルに考えてこの先の人生を大きく変えていく
必要が、ご自身にもお相手にもあるときに行ってください。若しくは離婚をすれば
もっと幸せになれると、自信を持って思える場合に行ってください。

『離婚はいけないこと』 というような世の中の風潮があることは確かです。
しかし、離婚をしたことで、新しい人生をスタートさせ、幸せを勝ち取っている方は、
非常にたくさんいらっしゃいます。そのような成功者の方々は口を揃えて、
『どこからでも人生はやり直せる』 とおっしゃいます。
  

離婚する方法でお悩みなら

旦那や奥さんと離婚したい方、離婚させてもらえない方は恋愛トラップまでご相談ください。離婚する方法をアドバイスいたします。