別れたくない彼氏や彼女とやり直したい方、よりを戻す方法なら恋愛トラップまでご相談ください。

彼氏とよりを戻すなら

別れさせお気に入りサイト 別れさせ携帯サイト別れさせサイトマップ
別れさせ屋工作 相談窓口
あなたの悩みは何ですか?
探偵業届出証明書

離活

恋愛探偵ミシマのブログ

彼女とよりを戻す方法

別れさせ屋トラップ
■ 別れさせ屋工作     
基本
 
恋愛トラップと恋愛に関して知識があるとは思えない 。
 
恋愛トラップに関する具体的な手法の説明より、自慢話や成功例の強調ばかり行っていた。
 
提示してくる手法を行った場合のリスクや悪い方向に進んだ場合の展開には一切触れていなかった。

※工作にリスクゼロ(全く伴わない)ということは、非常に珍しい事です。必ず考えられるリスクの説明も聞きましょう。



 
恋愛トラップの手法を脅しに近い方法、嫌がらせに近い方法を主として進めてくる。
 
最終目的が復縁なのに、その障害になるような手法を提案してきた。若しくは先の復縁のことは考えてくれていない。

※恋愛トラップは、別れさせるという目的とは別に殆どのケースで“真の目的”(復縁・お付き合い等)があります。その目的を無視した工作では全く価値・意味がありません。



 
かなり安い金額を提案してくる。

※恋愛トラップを“脅しや写真の送り付け等”、安易な手法のみで行わない限り、人員や諸経費は必ず相当額必要になります。1ヶ月に20〜30万円の諸経費では多くても2、3人の人員確保、日数的には6、7回程度が限界でしょう。



 
依頼件数が少なそうなのに、成功報酬がかなり安い。

※成功報酬をお安く出来る条件として、通常、依頼件数が密接に関わります。少ないご依頼しかお受けしていない場合には1人1人のお客様から頂く成功報酬金額は高く設定されます。多くの案件が来ているとは思えない業者で、成功報酬や基本料金が他社より安い場合には、その理由を聞いてみたほうが良いでしょう。





 
料金や期間の話ばかりで、実際の工作に関しては話がでてこなかった。

※どんなに気持ちは焦っていても、どのような工作展開で進めていくのかくらいは確認しておいた方が良いです。


 
お客様から、対象者に関する情報を聞こうとしない。または二の次にしている。

※工作を行う人間として、対象者に関する情報には強い興味があります。どんなに自信があってもその辺りの情報収集を疎かにしては、綿密とは言えません。対象者情報を求めてこない、若しくは基本的な部分しか求めてこない業者は工作に本気で取り組もうとしていない可能性が大です。




■ 所在地関連
 
HPやチラシ等に会社や事務所の住所の明記がない。

※中には住所は書いてあってもマンションの部屋番号までは記載されていないところもあります。


 
明記されている住所に部屋番号や、フロアまで公開されていない。

※セキュリティがしっかりしているのであれば、隠す必要のない部分です。

 
お客様のプライバシーを守れる相談室が存在していない。

※探偵業務、工作業務には常に守秘管理システムの重要性が付きまといます。

 
事務所や、会社がマンションの一室である。

※マンションの一室で事業を行うことには本来全く問題がありませんが、目に付かないように隠れて行っているケースもあります。


 
その探偵社に対する世間・付近住人の認知がない。

※本来、隠れて行う必要性は全くございません。

 
所在地の建物に看板が出されていない。
 
ポストに会社名が明記されていない。
■事業者、会社として当たり前のこと
 会社名の入っている名刺を持ち合わせていない
■責任の所在
 会社の最高責任者(多くの場合、代表取締役)の存在が明確でない。
 法人(株式会社・有限会社)を謳いつつ、実際は登記をしていない事業者ではなさそう。

※万一、何かしらのトラブルになった場合に、責任の所在がはっきりしていない業者は行方をくらましたり、連絡が取れなくなります。

※会社であれば定款の控えや登記簿を持ち合わせているはずです。確認してみて下さい。






■振込み先
 屋号や法人名の入っている振込み先ではなく、個人名義の口座だった。

※ご依頼者様側から諸事情で個人口座へのお振込みをご希望される場合は別です。


 振込みを拒み、現金でのお取引を勧めてくる。

※銀行側の審査が通らず、まともな会社名義の振込先を作れていない可能性もあります。
※現金でのお支払いであれば、お安くします。などと言われたら理由を聞いた方が良いでしょう。収益・税金の管理がずさんな可能性もあります。





■ 従業員・工作員・調査員
 複数いるように見せかけて、実際には従業員が数人しか存在しない。

※常識で考えて数人で何件もの案件を同時にこなすことは、どこかに手抜きが生じてしまう可能性が高いです。


 担当者に会わせてくれない。

※担当者と呼ばれる人物は実際にいなかったりします。きちんと工作を行ってくれる人全てに合わせてもらうくらいのつもりでいて下さい。一般的に工作はある程度の人員を必要とするサービスです。一部の業者を除き、決してお安い金額で行えるサービスではありません。




 調査員の質に期待できない。

※調査員の質は工作にとって重要なことです。工作専門や、工作にばかり力を入れている会社の中には調査員に全くの素人を利用している会社がありますのでご注意下さい。




 工作専門会社だから、となぜか強調している会社。

※工作しか行っていない・・・そのような謳い文句は全く信用する材料には値しません。工作専門だからどうしたのか?を聞いてみると良いでしょう。




■ 電話やメールの対応確認 (相談時)
 サイトやパンフレットに書かれている電話番号に電話が通じない。
 メールを送信して、催促しても返信がなかなかこない。
 
※通常、その日の内、若しくは翌日までには返事が来ても良い筈です。

 電話やメールでは、工作の話を聞かせてくれない。

※話を隠す必要はない筈です。

 すぐに「会って話をしましょう」と切り出してくる。
 メールなど後々形に残るやりとりを、遠まわしに避けている業者。
 連絡がつきにくい。
■ 面談時
 「今日は事務所が予約で埋まっているから・・」 など、外で会おうとする。
 とにかく契約書に判を押すように促してくる。
 「契約してからでないと詳しいお話は出来ません」などと言われ。
 あまりに調子の良いことばかり言ってくる。
 「相談は無料」 と言いつつ、依頼をしないと分かると相談料を求めてきた。
 焦る必要も無い案件で、執拗に契約を迫ってくる。若しくは色々と理由をつけ、焦らせてくる。
■ 料金
 「手持ちが○○円しかありません・・」と言うと、「では今回は特別その料金で行いましょう!」などと
  通常考えられない値引きをしてくる。

※大幅な値引きで、同じサービスが行えるとは思えません。



 追加料金がかかる可能性の説明を事前に説明してくれない。
 料金表が掲載されていない。また、電話やメールで問い合わせても料金に関しては一切教えてくれない。


■ 営業行為
 本来請け負う側が行うべき、工作方法やこれまでの参考例の説明は殆どなく、
  同業他社を批判することによって依頼を受けようとしている。


 とにかくご依頼者様本意のことを並べ、甘い言葉をかけてくる。

※可能性はほぼ100%、分割払いが可能ですよ・・、今回は簡単そうなご依頼ですね・・・など


 ある手法をとった場合のメリットばかり説明してくる。
 成功例ばかりアピールしてくる。

※工作は失敗も往々として有り得る職務です。綺麗事で全て片付けれるものではありません。成功例を聞くのではなく失敗例を挙げてもらうと良いでしょう。


■ 工作の手法
 脅しや恐喝の手法ばかり薦めくる。

※トラブルになったときにご依頼者様の責任が問われます。

 工作方法は、ケースバイケースですから・・・などと返答が全てにおいて曖昧。

※プロであれば、状態・環境をお聞きすれば、ある程度の見通しが立てられます。


 常識で考えて、普通出来ないことをさも簡単かのように話す。

※ドラマや、映画の世界と現実は大きなギャップがあります。お客様を引き付けるためだけの可能性があります。


■ 報告方法
 工作内容や調査内容の報告をどのような形で行ってくれるのか説明がない。
 報告は言葉ばかりで、証拠の画像も含まれていない。

※電話のみで報告を済ませることは良くありません。メールやFAX、証拠写真等形に残る形式でのやり取りを行う必要があります。


 報告が全て電話である。

※電話は録音しておかない限り、後に残りません。

※お客様のご都合で電話報告のみを指定されている場合は別です。




 色々理由をつけられ、担当者に会わせてくれない。

※担当者に会って詳しく話を詰めていくことは、工作中にも必要なことです。

 担当者がコロコロ変わる。
 担当者の携帯電話が、留守番電話等になり、連絡があんまりとれない。
 会社にフリーダイヤルをかけると、つながらないことが多々ある。
■ ご契約書
 契約書の文言におかしな点がある気がする。
 契約書の内容が調査や工作を行うための文言でない気がする。
 契約書に記載されている料金は、正確に記載されていない。
 契約書にきちんと担当者や会社の印が押されていない。
■ 領収書
 支払った金額で正規の領収書を出してくれない。

※領収書を作成してくれない会社には要注意です。

 領収書に会社の名前が入っていない。

※何かトラブルになった際に、「そんな支払いはしてもらっていない」 などと言い出してくる業者が存在します。きちんと会社名まで入っている領収書を頂いてください。


■ 嫌がらせを行う業者
 工作ではなく誹謗中傷を、得意のカラーにしている会社である。

※同業者のみならず、お客様に嫌がらせを行っている会社も存在します。

※常識で考えてやり方が普通ではありません。他社の誹謗中傷に力を入れている会社には要注意です。



■ 甘い言葉
 「90%以上の確率で絶対に別れさせます」

※このような言葉を強調していたらご注意を。

 「2ヶ月もあれば、うちでは絶対に別れさせますよ」
 「うちではお客様のために、殆ど実費しかいただきません」

※実費だけで何百万円かかかってしまうことも考えられます。

 「絶対に何とかしますから、取り敢えずご契約しましょう」
 ○○探偵社と同等のことをうちなら半額近い料金で行えます!」

※常識で考えて有り得ません。別の名目で請求しているのでしょう。

 殆ど何も状況説明をしていないのに) 「2ヶ月あれば十分ですよ!」
 「今ならキャンペーンで通常の半額にします」

※普通、有り得ない割引率です。詳しく聞いてみたほうが良いでしょう。

 「うちにはこんなに工作員が揃っています」

※専属の工作員はそんなにどこにでもごろごろしているわけではありません。工作員でもない女性・男性の写真を使っているのでしょう。また登録だけしているような経験のない工作員は使い物にはなりません。



 「いいですよ、月々の分割のお支払いでも・・・」

※そんなに人の良いことをする裏には、何かあるかもしれません。

■ 最近、弊社と同業者(個人業者も含む)の中に
 『ACグループと提携している』
 『ACグループから工作員を借りている』
 『ACグループの人間とは、以前一緒に働いていた』
 『ACグループはうちの傘下にある』
 『ACグループにうちからの依頼をまわしている』
 『ACグループに工作員を貸している』

※などと言う人物(業者)が存在しています。

※ACグループは独立した会社であり、工作員の貸し借りも一切行って
  おりません。



■ 弊社のようにマスコミに協力している業者に関して
 『マスコミ取材を受けている業者は、お金があるだけ・・・』
 『マスコミを信じることはできません・・・』
 『マスコミに出演している業者は危ない・・・』

※マスコミに出ている、出ていないは、お客様が工作会社をお選びになる際、
  判断材料にはなりません。

※これらの発言はどういう理屈なのでしょうか・・・。
  また何が言いたいのでしょうか・・?

※お金があるのは多くの成功をおさめていれば、当たり前のことです。

※どんなことでも揚げ足をとれると思っているため、上記のような発言も
  時として出てきているのでしょう。

※逮捕歴や偽名が明るみになるのを恐れてマスコミに出演していないのかも
  しれません。













  

恋愛トラップのよりを戻す方法なら

別れたくない彼氏や彼女とやり直したい方、よりを戻す方法なら恋愛トラップまでご相談ください。