浮気相手やと友達に彼氏や彼女を奪われた悩み、よりを戻したい悩みは別れさせ屋工作無料悩み相談まで。

彼氏を浮気相手に奪われた悩みなら

彼氏や彼女を奪われてつらい悩み、よりを戻したい悩みは別れさせ屋工作まで。
奪われた彼氏・彼女を取り返したい方、関係をやり直したい方は是非ご相談ください。
別れさせお気に入りサイト 別れさせ携帯サイト別れさせサイトマップ
あなたの悩みは何ですか?
離活

恋愛探偵ミシマのブログ

友達に奪われた彼女とよりを戻したい

■ 別れさせ屋工作     別れさせ屋工作の依頼例
付き合っていた女性を別の男性に奪われたA氏
A氏には3年間付き合っていた1人の女性がいました。お互い30歳を超えていたので結婚前提での付き合いでした。ところが2人が付き合ってちょうど3年ほど経った辺りから、彼女のA氏に対する言動が、確実に以前とは変わってきたのです。その後、A氏は彼女の心の中に既に別の男性がいる事を知らされました。結婚をするならその彼女と決めていたA氏には本当にショックな事実でした。しばらくの間は仕事も手につかなかった程です。
結局 A氏は彼女と別れることにしましたが、その後も彼女を思う気持ちは変わらず、ご自身でも別れる方法を考えられましたが、結局我々ACユアーズの探偵特殊工作「別れさせ屋工作」を依頼してこられたのです。
依頼内容は勿論「その彼女と男性を別れさせてくれ」といったものでした。
我々はその男性の調査から開始し、結局別れさせるに至るまで3ヶ月半の期間を要しました。
付き合っている彼女に他にも男がいると分かったB氏
B氏には付き合って半年になる年下の彼女がいました。お互いにマンションでの1人暮らしをし、会えるときには彼女がB氏のマンションに遊びに来るといった関係でした。それに対しB氏は特に何も不満に思ったりはしていませんでした。ところがある日B氏が彼女に「今日はおまえの家に行くよ」と言ってみたところ、彼女に不自然なほど拒否をされたのです。確実におかしいと思ったB氏は、数週間様子を見た後、我々に彼女の素行調査を依頼してきました。
その結果、彼女にはB氏とは別に付き合っている男性がもう1人いたのです。しかも、彼女はその男のマンションで半同棲をしていました。彼女が1人暮らしをしていると言っていたマンションはその男の家だったのです。
我々はその調査結果をB氏に伝えました。しかしそのような女性であっても別れることを選べなかったB氏は結局我々に「別れさせ屋工作」を依頼し、彼女とその男性を別れさせることにしたのでした。
片思いをしている彼女には既に彼氏がいるのを知ったC氏
C氏には、以前から思いを寄せている1人の女性がいました。その女性はC氏が勤める会社の元同僚でしたが、2ヶ月前に突然、会社を辞めてしまったのです。C氏はその女性を忘れることが出来ませんでした。そしてある日偶然にも再び〇〇駅で彼女を見かけたのです。
しかしその横には彼女の肩に腕を回す男性がいました。C氏はその後も度々その駅付近で彼女らを目撃しました。そして、その近くのファミリーレストランで彼女が働いている事も分かったのです。C氏は決断しました。「彼女があの男性と別れたら、告白しよう」と。
そして結局、その別れを待つのが嫌だったC氏は我々に「別れさせ屋工作」を依頼し彼女とその男性を別れさせることにしたのでした。
我々が調査・工作を進めていった結果、比較的短い期間の2ヶ月弱 で別れさせるまでに至りました。
子供(娘)の今の交際相手が気に入らなかったD氏
D氏には、26歳になる娘がいました。その娘と交際している29歳の男性のことをD氏は以前からあまりいい男性とは思っていませんでした。そのことに特に理由はありませんでしたが、結婚も視野に入れての付き合いをしている娘に不安を覚えていました。そこでD氏は我々のもとに「別れさせ屋工作」のご依頼をしてきたのです。
実際、我々が調査・工作をするようになって、D氏の気持ちも何となくですが分かりました。なぜなら、その男性は大変大ざっぱな性格で、時間やお金にはルーズ。また調査の結果、かなり高額の借金がある事も分かりました。
そんな彼は、我々が派遣した工作員の女性に何も躊躇することなく、引っかかってくれました。
今でもどうしても忘れられない元彼氏ともう一度やり直せたら・・。Eさん
Eさんは半年前に別れた彼と、未だに以前と同じように電話やメールのやり取りをしていました。そこから得た彼の情報に「もう既に別の彼女がいる」という、Eさんにしてみれば大変悲しい事実が発覚したのです。
そこで色々考えたEさんは、結局我々に探偵特殊工作業務の「別れさせ屋工作」を依頼してきました。
我々が調査をしてみた結果、その2人の関係はもう既にかなり進行していました。しかし、その女性の工作に有利なあらゆる情報を入手し、無事工作を成功させることが出来ました。
奥さんと離婚したがっている彼の為に、内緒で工作を仕掛けたFさん
Fさんの好きな彼は結婚していましたが、奥さんのひどい私生活ぶりに、「離婚をしてFさんといっしょになろう」と考えていました。
しかし、奥さんの承諾が得られないため、離婚の話はなかなか進まず、Fさんは奥さんに対し苛立ちを覚えていました。
そこで、我々に探偵特殊工作業務の「別れさせ屋工作」を依頼してきたのです。
我々が調査を開始した結果、彼がFさんに多少話を誇張して伝えているところもありましたが、確かに離婚も考えていたようです。
従って比較的短期間の工作業務で無事に別れさせる事に成功しました。
夫が浮気をしているので、夫とその愛人とに別れて欲しかったGさん
Gさんは夫が浮気をしていることを、半年前から知っていました。
しかし、そのうち別れてくれるだろうと大きな心で様子を見ていました。ところが半年ほど経っても、その交際は全く熱を冷まさないどころか、ますます親密になってしまったのです。
Gさんは焦りました。そして我々に「別れさせ屋工作」の依頼をしてきたのです。我々は結局その男女を別れさせるのに、3ヶ月弱かかりました。
もう少し早くご依頼されてれば、もっと短期間の工作で終了していたと思うとGさんにとってはお気の毒でした。
  

元恋人とよりを戻したいなら

浮気相手やと友達に彼氏や彼女を奪われた悩み、よりを戻したい悩みは別れさせ屋工作無料悩み相談まで。