夫や妻が浮気していて離婚話になった悩み、離婚を回避したい悩みは別れさせ屋工作まで。

浮気が原因の離婚話を回避したい

浮気がバレて離婚話になっているけど離婚を回避したい方は別れさせ屋までご相談ください。
夫や妻に浮気されたけど離婚したくない悩みがある方は別れさせ屋無料悩み相談まで。
別れさせお気に入りサイト 別れさせ携帯サイト別れさせサイトマップ
あなたの悩みは何ですか?
離活

恋愛探偵ミシマのブログ

離婚を回避したいなら

■ 別れさせ屋工作     警戒心の強い対象者
意外といます
別れさせターゲットの中には、一般的の人より警戒心を強く持っている人物
います。我々やお客様が「ターゲットだから・・」ということで心理的にそう思えるの
ではなく、実際に警戒心が強いのです。
警戒心という言葉で一まとめには出来ませんが、分類すると下記のような人物が
挙げられます。

○ 習慣的なもの
......................................................................................................................................................................
  辺りをキョロキョロするのが、ただなんとなく習慣となっているターゲットもいます。後ろを振り向くことが習慣、どこか建物から出てきたときにキョロキョロと周囲を見回すことが習慣、など様々ですが、このようなターゲットの場合には、過去のに何らかの原因はあったとしてもそんなにこちらが構える必要もありません。通常通りの調査で通用するのが殆どです。ですが最初は警戒しているのか?習慣なのか?の判断がつけづらいところはあります。


○ 近い過去に探偵や警察に尾行された経験のある人物
......................................................................................................................................................................
  近い過去に誰かに尾行された経験のある人物、若しくはそう勘違いしている人物がいます。特に別れさせ工作を行なう前に浮気調査などを探偵社にご依頼されていた場合に、例えその浮気調査中に調査員を認識されていないとしても、結果を告げる事によって、探偵に尾行されていたんだと認識してしまいます。そういった人物の調査・工作は工作の目的が別れさせる事にあるだけに、十分な注意が必要になります。
  

○ 裏の仕事をしている対象者
......................................................................................................................................................................
  誰かに尾行されているなどは関係なしに、外では常に神経を張り巡らしている人物もいます。特に生活や行なっている事に後ろめたい部分のある人物は、外では毎日それとなく神経を張り巡らせています。ですが、一旦店内等に入ってしまうとその警戒は解かれることが多いです。特に男性に多いこの手のタイプですが同棲には警戒心旺盛でも、女性には警戒心が全く無い場合もあります。
  

○ 不法滞在等の外国人
......................................................................................................................................................................
  例えば渋谷のセンター街などで少しでも不自然にカメラを回して見て下さい。周囲の不法滞在の外国人や何か後ろめたい事??をしている人間が集まってくるでしょう。このような人物は滅多にターゲットになることはありませんが一例として挙げておきます。


○ 精神的に男性恐怖症に近い女性
......................................................................................................................................................................
  過去、男性にひどいことをされた方や、強度のストーカー被害に遭った経験のある方は、やはり周囲や後ろを警戒している場合が多いです。過去の恐怖体験がなかなか体から抜けないのです。


○ 同業者
......................................................................................................................................................................
  我々の同業者(探偵社)の場合、所謂職業病です。ですが逆に仕事以外では開放感に溢れている調査員らも多いことでしょう。工作員の場合には、ターゲットにプライベートで偶然にも会ってしまわないように多少気を遣います。
ではどうするか?
警戒している人物に対して、調査・工作を続行していく場合の手立ては下記のようなものがあります。


● 人員の増員
......................................................................................................................................................................
  通常の工作時、調査員を2名、工作員数名というのが基本単位ですが、その中の先ず「調査員」を増員しないと恐らく尾行自体が困難になってしまいます。工作の場合2・3日間尾行をする訳ではなく、何ヶ月間か定期的に尾行したりする場面も出てきますから、調査員を通常より速い展開でサイクルさせ、且つ1回1回の人数も増やした方が安全なケースも出てきます。ここで調査員が優秀だから、大丈夫だよ!と高をくくっているといつか痛い目をみるでしょう。


● 調査・工作期間の長期化
......................................................................................................................................................................
  調査や工作のペースを通常より落とす方法もあります。例えば通常2ヶ月で行なう工作を、調査や工作頻度を落とし3ヶ月間かけて行なうなどです。経費の調整を上手く行なうのがポイントとなります。


● 周辺人物の利用
......................................................................................................................................................................

  直接ターゲットに近づくのではなく、最初から存在しているターゲットの人間関係を利用できる場合があります。友人・身内・同僚・よく行くお店の店員さんなど、予めターゲットが知っている人物を通して知り合うのです。間接的に行う分時間は要しますが、効果的な場合があります。


● ターゲットの変更
......................................................................................................................................................................
  別れさせ工作の目標は別れさせることですが、ターゲットは「別れたい」という場合ではなければ2人存在します。場合によっては、ターゲットを変更することや、同時に行なうことも考えられます。但し、成功率ややり辛さ等にも変化が加わってしまうことが殆どです。


● ターゲットに関わらずに
......................................................................................................................................................................
  場合によってはターゲットに関わらずに、環境を変化させれるケースもあります。どのようなケースか?1つ挙げると2人のターゲットの素行等に問題がある場合です。例えば不貞・横領・多額の借金等が素行調査から判明している場合、その情報をもう片方のターゲットが知るだけで別れることがあります。また、このようなやり方の場合、ACではお断りさせていただく手法もありますのでご理解下さい。
ご契約前に分かっていた場合
我々はどうしても仕事としてこの業務をこなしています。従ってご契約前に警戒心旺盛な対象者と分かっている場合にはご依頼をお断りさせて頂く場合がございます。上記にもお書きしたように、通常の倍以上の時間と人員が必要になってしまう可能性が多くあるからです、それではご依頼者様のご負担は、出る結果は同じなのに一般の方の何倍も料金が必要になってしまう恐れがあるからです。ご理解頂ければ幸いです。
ご契約後に判明した場合
可能性としてこれも無くはありません。これを業務上の言い訳として言う訳ではありませんが、調査にしろ、工作にしろ、非常に強い警戒心の持ち主はやり辛いターゲットであることは間違いありません。通常の別れさせ工作で用意する人材の倍以上人間を投与したり期間をかけたりしないと困難なケースもあるのです。そんな場合通常のプランの料金では全く収まらなくなりますから我々もお客様も注意すべきところです。
  

夫や妻の浮気による離婚を回避する方法

夫妻の浮気で離婚しそうだが考え直してほしい方、離婚をどうしても回避したい方はご相談ください。
離婚したくない悩み、夫や妻の浮気をやめさせたい悩みは別れさせ屋工作無料相談まで。